20.05.20

丸三産業株式会社グローバルコットンメーカーの企業ブランディング

  • WEBサイト
  • 写真
  • パッケージ
  • 周年事業
  • CI・VI
  • ブランディング
  • 会社案内
  • パンフレット
  • ロゴ
丸三産業株式会社
愛媛県大洲市に本社を構え、日本国内の晒綿供給トップシェアを誇る丸三産業株式会社。晒綿というのは、化粧パフや医療用脱脂綿、綿棒といったあらゆるコットン製品の原料となるものです。おそらく多くの人が、一度は丸三産業のコットンに触れているのではないでしょうか。そんな丸三産業の設立70周年の節目にブランディングの強化、広報ツールのリニューアルを行うことになりました。

ALL PHOTOS

PROJECT
STORY

情報基盤としてのコーポレートサイトリニューアル

周年に先立ち、コーポレートサイトのリニューアルに着手しました。「誰に何をどう伝えるべきか」の視点で構成や情報を見直すため、広報グループを中心に各部署から代表者を募り、社内プロジェクトを発足。私たちも定例の社内会議に参加し、コンテンツを協議。現状整理やターゲティング、主力事業、今後強化したい事業などについて、複数回の協議を重ね、サイト構成とデザインの方向性を固めていきました。

 

企業ビジョンを体現する、新しいシンボルマーク

コーポレートサイトのリニューアル完了後、70周年の節目にシンボルマーク刷新やスローガン開発を行いました。グローバル・コットン・メーカーとして世界中に商圏を広げ、コットンの可能性を開拓する企業であることを伝えるため「コットンで、未来をつむぐ」というスローガンを策定しました。シンボルマークは「グローバル展開を見据え、ローマ字表記を正式ロゴとして採用。綿花をモチーフとして3つの正円を重ね、「考える、実行する、徹底する」の社是や独創的な経営姿勢を表現しています。

 

 

また、コンセプトに沿って会社案内パンフレットも刷新しました。海外利用の比重が高いことから、英語を併記。印刷用紙にはコットン配合紙を使い、細部にわたり丸三産業らしさを追求しています。

 

創業100周年に向けて

コットンに向き合い続けて70年。丸三産業の社会的役割は非常に大きなものとなりました。今回のブランディングによって、これまでの歩みや誇りを形にし、創業100周年に向けた、新しいアイデンティティが確立されました。自然から生まれ、人の手に渡るコットンを扱う企業としてのアイデンティティを、中長期に時間をかけて浸透させていきます。

 

POWERセキのPOWER

  • WEBデザイン
  • WEB解析
  • アートディレクション
  • グラフィックデザイン
  • クリエイティブディレクション
  • プランニング
  • 撮影
  • 編集・ライティング

CLIENT INFORMATIONクライアント情報

丸三産業株式会社 MARUSAN INDUSTRY CO.,LTD