22.07.25

プラップグループ大手総合PR会社のグループWEBサイト

  • ESG・SDGs
  • WEBサイト
  • CI・VI
  • ブランディング
プラップグループ
プラップグループは、日本・中国・東南アジアにて、PR発想のコミュニケーションコンサルティングサービスを提供しているPR会社のグループです。新会社設立等のグループの多角化が進む中、グループ全体での情報の集約と発信の強化を目的にグループWEBサイトを制作しました。

ALL PHOTOS

PROJECT
STORY

グループ全体のスケール感と操作性を両立したサイトデザイン

プラップグループでは、海外展開の強化やDX推進サービスの開発等、ビジネス領域の拡大と変化が続いていました。グループ全体の価値向上を正確に、継続してステークホルダーに伝えるため、グループWEBサイトを通して、多数のグループ会社の取り組みや最新情報を分かりやすく整理して伝える必要がありました。

サイトデザインには、スプリットレイアウトを採用。左側の領域は、通常のスクロールで各最新トピックスを閲覧しながら、右側で各事業やサービスなど重要コンテンツを自動で横スライダーさせるなど、上下左右の移動を使い分け、スムーズに情報を提供しています。加えて、サイトの下部へスクロールをすると画面全体を広く使った見せ方に変わるなど、レイアウトの面白さと機能性を持たせました。また、ファーストビューには映像を用いることで、プラップグループが目指す事業のスケール感も表現しています。

複雑なレイアウトながらも更新性は犠牲にしていません。各スライダーの差し替えやテキストはCMSから更新でき、文字数の増減や登録されるグループロゴ画像の数によってフレキシブルに可変するため、レイアウトが崩れない汎用性も備えています。

prapgroup_web

prapgroup_web_service

「IR×サステナビリティ」でグループ企業価値を向上させる

グループWEBサイトの制作にあたり、既存のコーポレートサイトとの明確な役割分担が必要でした。そこで、経済価値を伝える「IR情報」を既存サイトから移設するとともに、社会価値を伝える「サステナビリティ」を新設。グループの経営戦略やプロジェクトを提示し、あらゆるステークホルダーからの期待感の醸成に繋がるコンテンツ設計としました。

「IR情報」では、新たにIRシステムを導入。開示情報の自動・手動掲載、決算ハイライトのグラフの自動更新等、担当者の労力の軽減とサイト運用におけるリスク回避に繋がりました。

また、新設した「サステナビリティ」では、グループ全体のステートメント・推進体制とともに、優先的に取り組む重要課題を公開。具体的な事例を継続的に掲載していく「取り組み状況」も開設しています。

グループ会社間の連携強化

グループ全体の情報集約をスムーズにするため、グループ会社のトピックスを自動で連携する機能を実装しました。トピックスは、承認制や自動開示などニーズに合わせて調整し、貴重な資産となる情報をグループ会社で共有可能にしています。また、グループ会社の連携を強める相互リンク構造となる一元管理のフッター構造を制定し、プラップグループのネットワーク強化に繋げています。

今後の発展性を支えるグループロゴの制作

今回のグループ会社を統括するグループ全体の新サイトの立ち上げに伴い、プラップグループのロゴを新たに制作しました。各グループ会社のロゴとの組み合わせを考慮したシンプルなグループロゴを軸に、グループの一体感を表現しています。

prapgroup_guideline_01

prapgroup_guideline_04

prapgroup_guideline_05

POWERセキのPOWER

  • UI・UXデザイン
  • WEBデザイン
  • アートディレクション
  • グラフィックデザイン
  • クリエイティブディレクション
  • 撮影
  • 映像制作

CLIENT INFORMATIONクライアント情報

プラップグループ