20.08.31

小野製麺 有限会社ブランディングとデザインで徳島発ブランドを全国に

  • WEBサイト
  • 新聞広告
  • パッケージ
  • DM
  • ポスター
  • チラシ
  • リーフレット
  • カタログ
  • ブランディング
小野製麺 有限会社
徳島県美馬郡つるぎ町(旧半田町)で、戦前から代々製麺業を営んでいる小野製麺。つるぎ町には、そうめんづくりを営んでいる家が約30軒あり、その半田地区でつくられたものだけが『半田そうめん』と呼ばれています。同じ『半田そうめん』でも、原料や製法で味が異なります。たくさんある『半田そうめん』との差別化を図り、小野製麺の半田めんの魅力を全国に発信していきたい。ということで私たちに声をかけていただきました。セキでは2007年よりお中元カタログやECサイトの企画に携わっています。現在に至るまで様々な販促ツール、商品パッケージなどの制作を行っております。

ALL PHOTOS

PROJECT
STORY

半田めんブランドの確立と発信

産直ならではの素朴さをウリにした店舗が多いなか、小野製麺の半田めんは、どういう打ち出し方をすべきなのか。また、全国に数ある他の素麺との違いをどう表現するべきかを考えていきました。料理研究家の故・土井勝先生が名付け親という「半田めん」という名称に着目し、半田めんの小野製麺を前面に打ち出したブランディングを展開することにしていきました。カタログ制作では、徳島でロケ撮影を行い、麺のシズル感だけでなく、半田地方の空気感をパッケージ。地のものというだけでなく、手延べならではのコシの強さと食感を持ち、素麺よりも太くうどんよりも細い、半田そうめんの魅力や、そうめん作りの原点である素材・製法・伝統などを打ち出し、半田めんの小野製麺ブランドイメージの確立を目指しました。

ECサイトのリニューアルとブランドサイトの設立

販路である百貨店やカタログ中心での販促だけでなく、全国の方々においしい麺を味わっていただきたいとの想いから、オンラインでも購入できるよう2011年に立ち上げたECサイトですが、昨年フルリニューアルしました。商品購入への導線の見直しだけでなく、各種サービスの充実や、SNSを通じた発信などにより、売り上げだけでなく、ファン拡大へとつながりました。また、あわせてブランドサイトも立ち上げ、ECサイトとは違うメッセージの発信を行っています。製法についてや、食の安全・安心など、小野製麺のこだわりや想いを伝えることに成功しています。

カタログだけでなく、トータルでのブランディングを

今では、カタログ制作だけでなく、商品パッケージや包装紙、小野製麺が参加している乾麺GPイベントの店舗用ポスターディスプレイなど、様々なデザインを行っています。一つのコンテンツに留まらず、俯瞰で見ること、全体で設計していく事が重要です。今後も、クライアントと協力して各種ツールの整備、改善を図り、食品ブランド展開のノウハウを確立していきます。

 

 

POWERセキのPOWER

  • UI・UXデザイン
  • WEBデザイン
  • アートディレクション
  • デジタルディレクション
  • パッケージデザイン
  • プランニング
  • 撮影
  • 編集・ライティング

CLIENT INFORMATIONクライアント情報

小野製麺 有限会社